MENU

肋手によるマメ知識

~身近な疑問や雑学聞いた事はあるけど?
ということをできるだけわかりやすく解説~

整骨院ってどんなとこ?

接(整)骨院っていつ、どんな時に通院したらいいんでしょう?
例えば足を挫いてしまった(><)、ぎっくり腰になってしまった(**)、首を寝違えてしまった、等・・・ぶつけてしまったり、転んでしまった、等のケガをした時はすぐに保険証を持って接(整)骨院へ行って下さい。
では、肩こりや慢性的な腰痛、膝痛・腕が挙がらない等でお悩みの方はどこへ行けばいいのでしょう?
厚生労働省では、肩こりや慢性的な痛みでの通院は全額自己負担(保険対象外)と通達が出ていますので、当院では自由診療枠を設け治療を行っています。

また、接(整)骨院で保険で治療を行い、各保険者(皆様の保険証発行元)に請求をする際、ケガをした日・理由が必要となります。(当院では受付にてお伺いいたします)また療養費申請書に名前・住所と印鑑が必要となりますので、保険証と印鑑をお忘れ無くご持参下さい。

マッサージは健康保険対象?

皆さんは《マッサージ・指圧・あん摩は保険が利かない!》と思っていますか?
それとも保険証だけを持って行けば保険が利くと思っていますか?
指圧・マッサージは条件を満たしている場合のみ保険適用になります。
厚労省通達によるいくつかの決まり事をクリアすれば各種健康保険証の自己負担金で指圧・マッサージが受けられますので、下記にまとめてみました。

① 医療上マッサージを必要とする症例であること
② 麻痺・関節拘縮等の症状があること
③ 麻痺・関節拘縮等の症状が無くても、医師が必要と認めた場合
④ 慢性疾患(疾病)であること。
  尚、慢性期に至らないものでも医師が必要と認めた場合は認める
⑤ 主治医より施術同意書(診断書)が発行されていること尚、やむを得ない場合はその限りではない
⑥ 各種健康保険証・生活保護・障害(重度)手帳の確認が取れること
⑦ 往診は歩行困難等通院出来ない場合のみ対象である

※①は大前提となりますが、②~④はどれか当てはまればOK
⑤と⑥は必ず必要となる物です。⑦は往診が必要な方のみです。

当院では訪問マッサージも行っておりますが、通院で指圧・マッサージ治療を希望したいと思われる方もお気軽にご相談下さい。
又、詳しい症例や保険診療額などはこちらのページをご覧下さい。→  在宅マッサージの案内

Copyright©2017 姿勢均整接骨院・治療院 All Right Reserved