MENU

肋手によるマメ知識

~身近な疑問や雑学聞いた事はあるけど?
ということをできるだけわかりやすく解説~

冷やす?温める?

「冷やした方が良いんですか?」と聞かれる患者様がいらっしゃいますが、その方の状態により”冷やす”か”温める”かは異なります。
そこで今回は”冷やす”・”温める”の目安をお話致します。
まず、皆様一度は足首を”グキッ”と捻った経験はあるかと思います。”ズキズキ、ジンジン”と熱を保って痛みを感じますね。これは、捻った事により足首の周辺筋肉に炎症が起きてしまっているのです。この時に温めたら炎症が悪化し、痛みがどんどん増していってしまいますので、必ず冷湿布等でまずは冷やして炎症を抑えて下さい。炎症が治まったら今度は温めて筋肉を解し、血流の改善を促して行きます。
上記の様に炎症が起きているときは”冷やす”炎症が無いときは”温める”事が大事になります。
では、足首の様に明らかに炎症が起きているときは分かりやすいですが、ぎっくり腰や腱鞘炎、寝違え・慢性的な肩こり等々自分の体で炎症が起きているかどうかは分かりにくいですね。ではどう判断したら良いのでしょう。
簡易の判断方法は”入浴”です。これはシャワーではなく「湯船に浸かる」事です。
湯船で温まった時、患部に痛みを感じたら炎症が起きている可能性が大。入浴を中止しすぐに冷湿布等で冷やしましょう。
逆に温まった時に痛みが緩和(楽に感じる)様であれば炎症の可能性は低。そのままゆっくりお風呂に入り、患部を冷やさない様にしましょう。
炎症が治まった後、また炎症が無い場合も痛みや違和感を我慢するのでは無く、早めに適切な治療を受けましょう。

入浴といえば・・・
来院された方の中でも痛みがかなり強い方にお話を聞くと、入浴をシャワーだけで済ませている方・湯船に入ってもカラスの行水のようにすぐに出でしまう方が多いようです。しかし、これでは一日の疲労が取れず蓄積していってしまいます。筋疲労(乳酸の蓄積)が蓄積していき、柔軟性を欠き血管・神経を圧迫し血流及び新陳代謝が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると筋肉に栄養と酸素が届きにくくなってしまうため、更に柔軟性を失ってしまいます。
この悪循環を繰り返していると”ひどい肩こり”や”ぎっくり腰”、”しびれ”や”足がツル”等といった様々な症状が現れてきます。
そこで、入浴時は湯船にゆっくりと浸り、温まる事により全身に血流及び新陳代謝を促し、疲労を取る事が大切になってきます。また、入浴でリラックスすることで、自律神経系も”交感神経”から”副交感神経”に切り替わり、睡眠も取りやすくなっていきますよ。
特に夏は「暑いからシャワーで終了。」と言う方が多くなると思います。夏場はクーラーで足元が。冷たい物を採り続ける事により内臓が。と気づかないうちに体は冷えていきます。(体内型冷え性の要因)暑い夏でも湯船に浸かり、その日の疲れはその日のうちに取り除きましょう。それでも日々の疲労が蓄積したら当院へご来院下さい。m(_ _)m

Copyright©2017 姿勢均整接骨院・治療院 All Right Reserved